己は不要なクラクションを鳴らしながら己の信ずるままに己の道を行くのか。さようなら。

About the author: makkenzcom