ファッション感覚で、生きるための健康ではなく健康のために生きるということが流行している。

About the author: makkenzcom